不動産ニュース / イベント・セミナー

2020/9/28

いえかるての活用説明会を開催

 (一社)住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会は11月13・26日、住宅履歴情報(いえかるて)の活用説明会をオンライン(Zoom)で開催する。

 既存住宅の流通促進に向けた改正宅建業法と安心R住宅制度の施行から2年が経過し、不動産取引では法令等で定める情報の提供を確実に行なうため、住宅履歴情報を活用するケースが増えていることを受け、宅建事業者をターゲットに国土交通省の補助事業として行なうもの。

 説明会では、同協議会理事の高橋正典氏が「不動産業における安心R住宅制度と住宅履歴情報の活用事例」と題した講演を行なうほか、住宅履歴情報のサービス内容や利用方法などについて解説する。

 時間は14~15時30分。参加費用は無料。事前申し込みが必要。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

住宅履歴情報

住宅の構造・設備、改修工事、維持保全、権利関係など、住宅の情況を示す情報をいう。 その具体的な内容が統一的に定められているわけではないが、長期優良住宅の普及、住宅の資産価値の保全、中古住宅流通の活性化、住宅の維持保全などのためには、住宅履歴情報の記録・保存が必要または有効であると考えられている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。