不動産ニュース / その他

2020/10/7

シノケン、インドネシアで投資信託組成

 (株)シノケングループは6日、インドネシアで不動産ファンド事業を展開するPT.Shinoken Asset Management Indonesia(SAMI)が、インドネシア国債等に投資する個人向けミューチュアルファンド(投資信託)を組成すると発表した。

 同国内では、人口過密地域から過疎地域への移住を促し、天然資源開発等に従事させることで移住民の財産形成と経済発展を図る「トランスミグラシ政策」が19世紀より行なわれており、SAMIはその主要な移住先であるスマトラ島中央部ジャンビ州に着目。同ファンドの組成を同国金融庁に申請し、承認を受け、移住者向けの金融サービスとして販売する。

 ファンドの資産規模は当面300億円程度を目指し、徐々に拡大していく。SAMIは運用を担当し、資産運用フィーを収益計上する見込み。今後、SAMIが主導して、インドネシア政府、証券取引所、州政府らが連携して移住者向けに金融商品を販売していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

YouTubeチャンネルで独自の動画を投稿! 自社ブランディングや集客で成果を上げる事業者を取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/1/12

「記者の目」更新しました!

『団地リノベ』も新たな生活様式に対応」配信しました。
近年、UR都市機構は、古い団地のリフォーム・リノベーションに力を入れています。今回は、「光が丘パークタウン」(東京都練馬区・板橋区)における、「家事ラク&ワークスペース」をコンセプトにしたリノベについて取材。その内容とは?