不動産ニュース / 開発・分譲

2020/10/15

積水化学、東松山で防災力高めたまちづくり

「東松山リードタウン」イメージ

 積水化学工業(株) 住宅カンパニーは15日、埼玉県松山市で開発中の「東松山リードタウン」の販売を開始した。

 同社は、‟Safe&Sound:安心・安全で、環境にやさしく、サステナブルなまち”をコンセプトに同社グループの技術力・サービスを融合させたまちづくり「SEKISUI Safe&Sound」を展開しており、東松山リードタウンは、「あさかリードタウン」に続く第2弾となる。

 東武東上線「東松山」駅徒歩2分。敷地面積約6,104平方メートルで、地下部分は同社のインフラ技術で基盤を整備する。地上部分は、戸建分譲地「スマートハイムシティ」(全23区画)と、分譲マンション「HEIM SUITE」(鉄筋コンクリート造地上12階建て、総戸数105戸)で構成する。

 まち全体は、暮らしやコミュニティをアップデートする「SMART」と、日々の変化に対応する安心「RESILIENCE」の実現を目指した。「SMART」では、住民専用アプリ「NiSUMU」やスマート街灯等のIoTデバイスを活用し、セキュリティやシェア、生活支援サービスを提供する他、環境・防災・減災意識を高めるプログラムの開催などでコミュニティの活性化を図る。

 「RESILIENCE」では、耐久性・耐震性に優れたインフラ技術により、地下に雨水を貯留し、流出を抑制できる「クロスウェーブ」を採用することで、ゲリラ豪雨などの被害の低減を図る。また、品確法最高等級を標準でクリアする戸建住宅、高耐震・高耐久仕様のマンションとすることで、住まいを災害から守っていく。

 まちの中心には広場を配置。日常的にはコミュニティ形成の場として、災害時には共助実践の場として利用できるようにした。近接する住宅型有料老人ホーム「ガーデンコート東松山」とも連携し、地域コミュニティを育むイベントの開催や多世代の交流を図っていく考え。

 10月15日から建築条件付き土地の販売を開始する。販売区画は5区画。土地面積は約116~129平方メートル。販売価格は1,799万~1,852万円。11月には建売分譲住宅、2021年に分譲マンションを発売する予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?