不動産ニュース / 開発・分譲

2020/10/15

京都でBTS型物流施設を竣工/ラサール

「AZ-COM Logistics Kyoto」外観

 ラサール不動産投資顧問(株)はこのほど、BTS型物流施設「AZ-COM Logistics Kyoto」(京都府八幡市)を竣工した。

 京滋バイパス「久御山淀」IC、名神高速「大山崎」ICより約2km。敷地面積約2万32平方メートル、延床面積約3万8,314平方メートル、鉄骨造地上4階建て。テナントは、大手3PL事業者の(株)関西丸和ロジスティクス。同社は同施設内に本社機能を移転した。ラサールは、関西丸和ロジスティクスと共同で近畿運輸局より物流総合効率化法に基づき物流総合効率化計画の認定を受け、京都府より開発許可を取得、同施設を開発した。

 1階部分に冷凍冷蔵機能を有し、3温度帯(常温・冷蔵・冷凍)に対応したオペレーションを可能とした。また、東・南面の2面バースを備え、各階は梁下有効高さ5.5m、床荷重を1.5t/平方メートル確保し、垂直搬送機と荷物用エレベーターをそれぞれ3台配置した。駐車場85台分、ドライバー専用の休憩室なども完備。

 また、LED照明や太陽光パネル(予定)を設置する等、省エネ対策・環境負荷低減に配慮した結果、CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)の評価「Aランク」認証を取得した。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

BTS型・マルチテナント型(物流施設の〜)

物流施設の種類は、その性格によって、大きくBTS型とマルチテナント型に分けることができる。(1)BTS型特定のテナントの要望に応じてオーダーメイドで建設され、賃貸される物流施設。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。