不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/10/19

20年度ビル管理市場は3兆9,335億円と予測

 (株)矢野経済研究所は19日、ビル管理市場に関する調査結果を発表した。7~9月の期間、全国の有力ビル管理事業者を対象に、直接面談、電話アンケート調査、文献調査の併用で調査を実施した。

 2019年度の国内ビル管理市場規模(元請金額ベース)は4兆2,763億円(前年度比7%増)の見込み。ビル管理事業の対象となる建物ストックが増加していること、人件費高騰を背景に契約単価の見直しや収益性の高い新規案件の獲得が進み市場が拡大していることが要因としている。

 建物用途別推計では、住宅が約1,515億円(建物用途別シェア3.5%、前年度比12.5%増)、非住宅が約4兆1,248億円(同96.5%、同6.8%増)。非住宅の内訳は、もっともシェアが高いのが事務所ビルで9,332億円(同21.8%、同6.6%増)とビル管理市場の約5分の1を占めた。次いで店舗・商業施設の約7,832億円(同18.3%、同6.3%増)、学校施設の約4,241億円(同9.9%、同5.1%増)、医療・福祉施設の約4,236億円(同9.9%、同8.4%増)等となった。

 20年度の国内ビル管理市場規模は、前年度比8%減の3兆9,335億円と予測。新型コロナウイルスの影響により、宿泊施設関連や商業施設関連をはじめとして不透明感が強まっており、市場規模の縮小は避けられない、と分析している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/11/10

記者の目公開しました!

1棟丸ごと時間貸しスペースビルに再生」を公開しました。

コロナの影響で需要が高まっている時間貸しのワークスペース。大手企業は都心部を中心にサービス展開を活発化していますが、仙台市内でビル仲介・管理を手掛ける日本商事は地場事業者ながらそのトレンドをいち早くつかみ、10月、老朽ビルをニューノーマルなスタイルに沿う新しいオフィスビルへと再生しました。