不動産ニュース / その他

2020/10/30

プラウドで国産木材を積極活用/野村不

 野村不動産(株)は29日、新築分譲マンション「PROUD(プラウド)」を始めとした集合住宅建設において、国産木材を積極的に活用する方針を表明した。

 同社はこれまでも、「プラウド神田駿河台」では構造部材に鹿児島県産スギや山梨県産アカマツなどの国産木材を使用、「プラウドシティ伊丹(2018年竣工)」や「プラウドシティ吉祥寺(20年竣工)」では、木造共用棟の建設に取り組んできた。

 今後は独立した共用棟を設置する場合は原則木造とし、ラウンジ、キッズルーム、ライブラリー等の共用部内装にも国産木材を用いる。現在販売中の「飛鳥山レジデンス」で国産木材を使用するほか、計画中の「プラウド練馬中村橋マークス(仮称)若潮ハイツ建替計画」においても、木造共用棟の建設を予定する。

 独立した共用棟を設置できない中小規模の集合住宅においても、共用部の壁、床などの内装や、建具、家具等に国産木材を使用する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。