不動産ニュース / その他

2020/11/10

緊急事態宣言下のBCP対策がモデル事例に

カスタマーセンターでの執務の様子。透明カーテンでフロアを区切っている

 (株)東急コミュニティーは10日、カスタマーセンターにおける事業継続策が、(一社)CRM協議会が選定する「2020CRM新型コロナウイルス対応モデル事例」を受賞したと発表した。

 同カスタマーセンターは同社が管理する全国34万戸のマンションを対象に、居住者からの問い合わせを受け付ける「お客様相談センター」と、共用部の設備状況等を24時間365日監視し異常時の対応を行なう「設備緊急センター」のサービスを展開している。

 緊急事態宣言発令中は、サービスを停止しないよう、カスタマーセンターセンタースタッフの感染防止・クラスター抑制策を徹底。手洗い、検温の他、スタッフを2班体制に分け、班単位での交代制勤務とすることにより、1班に感染者が発生してももう一つの班で事業継続を図れる仕組みを採用。また、日勤・夜勤交代時には、全スタッフ退避させた上で執務スペースの消毒も実施した。緊急事態宣言解除後は半数勤務体制を解除し、通常勤務に切り替えたが、フロアを透明カーテンで区切る、共用部での接触を避けるために班ごとに違う色のストラップを付け目印にする等の工夫を継続している。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/11/10

記者の目公開しました!

1棟丸ごと時間貸しスペースビルに再生」を公開しました。

コロナの影響で需要が高まっている時間貸しのワークスペース。大手企業は都心部を中心にサービス展開を活発化していますが、仙台市内でビル仲介・管理を手掛ける日本商事は地場事業者ながらそのトレンドをいち早くつかみ、10月、老朽ビルをニューノーマルなスタイルに沿う新しいオフィスビルへと再生しました。