不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/11/11

コロナ禍の不動産売買、「意思決定に影響なし」回答増

 三菱地所リアルエステートサービス(株)は11日、新型コロナウイルス感染症の不動産売買への影響について、2回目となる調査結果を発表した。同社のメールマガジンを介し、9月14~25日にアンケート調査を実施。674件の回答を得た。その結果を、前回調査結果(7月17日発表)と比較した。

 2019年度と比べた20年度の事業環境の見通しについて尋ねたところ、81%が「悪くなる」と回答(前回:72%)。「良くなる」は6%(同3%)だった。業種別では「宿泊業・飲食サービス業」が100%、「運輸業等」では 95%の企業が「悪くなる」と回答した。

 「不動産の売却を検討・実施したアセット種別」でも、「土地・一棟マンション・オフィスビル」の75%に対し、「商業施設・ホテル・ヘルスケア施設」も15%を占めた。その他、空ビルや自社保有の保養施設といった遊休不動産の処分を進める回答もあった。

 不動産の売却について、コロナ禍の長期化がスケジュール・意思決定に及ぼした影響について聞いたところ、「売却活動のスケジュールが遅れている」は39%(同46%)と減少。「売却計画が保留・中止となった」は12%(同16%)、「買い主側の事情で売買契約をキャンセルされた」は11%(同14%)と、それぞれ減少した。逆に「影響なし」が38%(同24%)と増えた。購入についても「遅延している」が31%(同49%)と減少、「影響なし」が42%(同28%)と増加した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/12/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.375 女たちの終の住処【フランス】」配信しました!
パリ郊外のモントルイユ市には、フランス初となる、60歳以上の女性のための公共集合住宅が存在します。建設までの経緯を踏まえつつ、実際の入居者にインタビューを行ない、その暮らしぶりなどを伺いました。