不動産ニュース / 開発・分譲

2020/11/19

大成有楽不、厚木に物流施設初弾

「LOGIMINAL 厚木」外観イメージ

 大成有楽不動産(株)は19日、物流事業初弾として開発を進めてきた「LOGIMINAL 厚木(ロジミナル厚木)」(神奈川県厚木市)を2021年に竣工すると発表した。

 同施設は圏央道「相模原愛川IC」から約2.3km、神奈川中央交通バス「団地入口」バス停から徒歩2分に立地。敷地面積約2,702平方メートル。鉄骨造地上4階建て、延床面積約5,611平方メートル。着工は5月。
 梁下有効天高は5.5m、1平方メートル当たりの床荷重は1.5t、シングルテナント物流施設としてリーシングを進めている。

 マルチテナント型の大型物流施設が主流となる中、荷種やセキュリティ等テナント特有のニーズに対応できるシングルテナントの小規模物流施設を中心に開発し、差別化を図る方針。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

物流施設

貨物の保管・仕分けなどのための施設。物流センター、倉庫などであるが、保管機能だけでなく流通加工の機能を備えたものもある。必要な設備は貨物の性質や施設の用途によってさまざまで、その立地は、輸送方法や用途に応じて選定される。倉庫事業者が施設を建設し、賃貸する方法で運営されている場合が多い

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。