不動産ニュース / 開発・分譲

2020/12/8

ESR、川崎で同社最大級の9階建て物流施設

「ESR東扇島ディストリビューションセンター」第1期完成イメージ

 ESR(株)は8日、はマルチテナント型物流施設「ESR東扇島ディストリビューションセンター」(川崎市川崎区)の第1期を開発すると発表した。

 首都高速湾岸線「東扇島」ICより約1kmと都心や首都圏の広域交通網のアクセスに優れる立地。敷地面積7万7,725平方メートル、延床面積36万5,385平方メートル。物流施設として日本最高層クラスの9階建て・免震構造。総投資額約830億円、2021年3月着工、23年3月竣工の予定。

 上り・下り専用のランプウェイを結ぶ中央車路・バース式によって各階にワンウェイでアクセスできる。倉庫部分は各階最大6テナント・計48テナントへの分割が可能。最小賃貸区画は約1,480坪。柱スパンは間口11m×奥行き11.25mと使い勝手のよいワイドスパンを実現した。また、特別高圧電力の供給ができるため、冷蔵冷凍、ロボティクス、未来を見据えたハイスペックなシステム導入など多様なニーズに応えることができる。

 ワーカーの利便性・満足度を考え、子育て世代をサポートする託児所やラウンジ、東京湾の眺めを堪能できるダイニングルームなど、過去最高レベルのアメニティ施設・サービスを実現する予定。多種多様な樹木と花を植樹し、ランドスケープデザインも取り入れた緑あふれる憩いのコミュニティ空間も創出する。

 再生可能エネルギーを積極的に活用。「CASBEE」Sランク評価基準を満たし、全館LED照明を採用し、屋上には5MW規模の自家消費型太陽光発電システムを設置するなど環境にも配慮した。

 なお、第2期は25年竣工を目標に計画中で、敷地面積6万6,127平方メートル、延床面積30万6,000平方メートルの予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。