不動産ニュース / 開発・分譲

2020/12/15

日本橋にアカデミアやVC向けのイノベーション拠点

「GLOBAL LIFESCIENCE HUB」内観(コミュニケーションラウンジ)

 三井不動産(株)は14日、東京・日本橋で10ヵ所目となる、新しいライフサイエンス拠点「GLOBAL LIFESCIENCE HUB(グローバルライフサイエンスハブ)」を開設した。

 同社では、(一社)ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(以下、LINK-J)と共に、ライフサイエンス分野において新産業を創造するためのエコシステム構築に取り組んでいる。その一環として、グローバルなライフサイエンスプレイヤーを集積する新拠点を、「日本橋室町三井タワー」(東京都中央区)7階に開設した。

 同施設は、ライフサイエンスプレイヤーの中でも特に国内外のアカデミアやベンチャーキャピタルをターゲットとした。コミュニケーションラウンジ、カンファレンスルーム(最大収容人数70名)、ミーティングルームで構成する。什器やWi-Fiなどをはじめ、グループの規模に応じて選択できる「パーソナルブース」や「オープンデスク」などの設備を用意。また、英語対応可能な受け付けなど、グローバルなニーズに応えるファシリティも整備する。新たな知の創出やイノベーションにつなげる場として機能する。

 国内アカデミアの東北大学東北メディカル・メガバンク機構、東北大学オープンイノベーション戦略機構、東北大学ナレッジキャスト(株)のほか、海外アカデミアの米国のカリフォルニア大学サンディエゴ校の利用が決定している。また、ベンチャーキャピタルはすでに国内外合わせて3社が入居した。今後も誘致を進めていく。

 両社は、ライフサイエンス領域でのグローバルな連携を促進することで、エコシステムの構築を強化し、さらなるイノベーション創出に貢献していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/1

「海外トピックス」更新しました!

ロサンゼルス国際空港、半世紀ぶりの大改修【アメリカ】」を配信しました。
2028年にオリンピックの開催が予定されるロサンゼルス。その玄関口であるロサンゼルス国際空港は、鉄道やモノレールの乗り入れがなく、近辺にレンタカー店さえないなど、観光客にとってはきわめて不便な造りになっているそう。そこで現在、およそ半世紀ぶりとなる大規模なリニューアル工事が進められています。