不動産ニュース / 開発・分譲

2020/12/15

MaaSと移動商業店舗の実証実験を開始/三井不

スマートフォンのアプリでカーシェアやシェアサイクルを予約(日本橋・福徳の森で実施したMaaSデモの様子)

 三井不動産(株)は15日、ヒト・モノ・サービスの「移動」に着目したモビリティ領域での新たな取り組みについて発表。”アセット“”まちづくり“”体験価値“の3つの観点から、「不動産」に「移動」機能掛け合わせ、今までの不動産ではなしえなかった新たなサービスの実現を目指す。

  「ヒト」の「モノ・サービス」(不動産コンテンツ)への移動をサポートする「MaaS」、「モノ・サービス」(不動産コンテンツ)を「ヒト」の元へ移動させる「移動商業」の2方向での取り組みを開始。

 「MaaS」は、住宅、オフィス、商業施設、ホテル等のユーザー向けに、タクシーやバス、カーシェアやシェアサイクルなど地域の交通機関・移動手段と連携したMaaSアプリを提供。移動の自由度やフレキシビリティを向上するサービスを提供する。画一的なサービスではなく、物件・地域ごとの特長を踏まえたサービスを想定。小規模な地域で地域特性に合わせたMaaSサービスを提供し、買い物券の提供やイベント開催など商業施設と連携してMasSを利用するライフスタイルや目的を創出。それら地域同士をつなげるサービスの提供も検討していく。

 取り組みの第1弾として、9月よりすでに、柏の葉エリアでマンション住民向けに複数交通機関のサービスを提供する実証実験を開始。そこでの検証を踏まえ、月額定額制のサブスクリプション(2,000円~)を導入し、15日より日本橋エリアの賃貸レジデンス「パークアクシス」4ヵ所で、21日より豊洲の「パークアクシス豊洲キャナル」でも実証実験を開始する。柏の葉(都市郊外型、~2021年1月末)、豊洲(準都心型、~21年3月末)、日本橋(都心型、~21年3月末)と特長の異なるエリアで実施することで、各エリアで最適なMaaSの提供、必要な要件の検討や検証を進めていく。

 「移動商業」では、同社グループの事業提案制度「MAG!C」より生まれた新規事業として、移動商業店舗プロジェクトを始動する。飲食・物販・サービスなどのさまざまな店舗車両を、マンションや商業施設に展開することで、ユーザーに新たなショッピング体験を提供。第1弾として、9~12月に首都圏・近郊マンション4ヵ所(豊洲・晴海・板橋・千葉市)、イベント広場1ヵ所(日本橋エリア)で、10業種11店舗の事業者とともにトライアルイベントを実施。今後はエリアやユーザー特性に応じて店舗バリエーションを増やし、出店場所や店舗を拡大していく。将来的には、商業店舗に加えて、ワークスペースやホテルなどさまざまな移動式サービスにもつなげていく。

 同社ビジネスイノベーション推進部長の須永 尚氏は、「暮らしや仕事がさまざまな形に多様化、進歩していく中で、不動産をサービスとして利用する場合、これからは“モビリティ”が一つのキーワードになってくる。アセットの機能、まちづくり、体験価値、3つの切り口からモビリティを生かしていきたい」などと述べた。

日本橋エリアに出店した移動商業店舗。お香やコスメ、缶詰など個性豊かな店舗が出店し賑わいを創出

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/1

「海外トピックス」更新しました!

ロサンゼルス国際空港、半世紀ぶりの大改修【アメリカ】」を配信しました。
2028年にオリンピックの開催が予定されるロサンゼルス。その玄関口であるロサンゼルス国際空港は、鉄道やモノレールの乗り入れがなく、近辺にレンタカー店さえないなど、観光客にとってはきわめて不便な造りになっているそう。そこで現在、およそ半世紀ぶりとなる大規模なリニューアル工事が進められています。