不動産ニュース / 不動産金融・証券化

2020/12/24

竹芝の物件にサステナビリティローン

 東急不動産(株)と鹿島建設(株)は23日、両社で設立した(株)アルベログランデ(東京都中央区)が、金融機関とシンジケーション方式によるサステナビリティローンを契約したと発表した。

 アルベログランデは、9月14日に開業した「東京ポートシティ竹芝」(東京都港区)の開発推進を目的に設立された事業会社。
 同物件の所在する竹芝地区の開発計画は、国家戦略特別区域計画の特定事業。都有地をアルベログランデが70年間の定期借地により借り受け、同物件の開発・運営を通じて、国際競争力の高いビジネス拠点の整備を進めている。また産業振興や防災対応力強化、エリア回遊性向上によるにぎわい創出などにも取り組んでいる。さらに、(一社)竹芝エリアマネジメントがまちづくり協議会と連携し、竹芝地区の振興・魅力向上に努めている。こうした環境・社会課題解決への取り組みが評価され、(株)三菱UFJ銀行と(株)みずほ銀行とのサステナビリティローンの締結に至った。

 金額は900億円。同ローンでは資金使途をグリーンプロジェクトおよびソーシャルプロジェクトに限定されており、的確資産である同物件の開発費用に充当される。なお、ローンは同物件を裏付けとするノンリコース形式。

 「東京ポートシティ竹芝」は、1万5,591平方メートルの敷地に、地上40階地下2階、延床面積18万2,052平方メートルのオフィスタワーと、地上18階建て、延床面積1万9,357平方メートルのレジデンスタワーを建設するプロジェクト。9月14日に開業した。

東京ポートシティ竹芝オフィスタワー外観

この記事の用語

ノンリコースローン(Non Recourse Loan)

借入人が保有する特定の資産(責任財産)から生ずるキャッシュフローのみを原資に債務履行がなされる融資をいう。「ノンリコース」とは、その資産以外に債権の取立てが及ばない(非遡及である)という意味である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

サブリース事業のガイドラインの概要やポイントを分かりやすく解説! 対応する事業者の取り組みも紹介します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/2/22

「記者の目」更新しました。

9つの「趣味人」が集う」配信しました!
特定の趣味を楽しめる賃貸住宅が少しずつ増えています。今回紹介する賃貸住宅「ガルガンチュア」(千葉県柏市)は、“オートモービル”、“フィットネス”、“ゴルフ”など、各戸で趣味に対応した仕様を備えています。そこにはオーナーの並々ならぬ想いが。