不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/2/2

世界のオフィスビル賃料、丸の内・渋谷等が上位に

 JLLは2日、2019年10月~20年9月の「世界オフィス賃料調査」日本語版を発表した。

 各都市のプレミアムオフィス地区内にある最優良オフィスビル(プレミアムオフィスビル)内の約1,000平方メートル超のスペースをベースに、賃料を比較・分析している。調査対象は世界86都市のオフィス市場、計100のサブマーケット。

 世界のプレミアムオフィスビルの賃料は、現地通貨ベースで平均3.0%下落した一方で、Aグレードオフィス市場全体の賃料は5.2%下落した。プレミアムオフィスは、コラボレーションやイノベーションスペースなどコロナ禍以前からのオフィストレンドであるオフィス要件に加え、「ニューノーマル」に適応するためのオフィス要件も備えており、コロナ禍でも高い耐性を示している。

 賃料が最も高額なのは香港・中環(セントラル)で、過去1年間で20%以上下落した。2位のニューヨーク・ミッドタウンはプレミアムオフィスの供給により賃料のベンチマークが引き上げられた。その結果、香港・中環とニューヨーク・ミッドタウンの格差は19年の約50%から約2%へと大幅に縮小した。

 日本の都市では、東京の丸の内(5位)、渋谷(8位)、新宿(10位)が世界の上位10都市内にランクイン。また、名古屋(12位)、大阪(21位)、福岡(35位)は前回から順位を上げており、コロナ禍以前から低い空室率と限定的な供給を背景に賃料が好調に上昇したことが要因であるとした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。