不動産ニュース / 政策・制度

2021/2/3

「流域治水」実現へ。関連法案が閣議決定

 特定都市河川浸水被害対策法等の一部を改正する法律案(流域治水関連法案)が2日、閣議決定された。

 全国各地で水災害が激甚化・頻発化すると共に、気候変動の影響により降雨量や洪水発生頻度の増加が推測されることから、国や流域自治体、企業、住民なども含めたあらゆる関係者が協働して取り組む「流域治水」の実効性を高めるための法的枠組み整備を図る。

 改正案では、流域治水計画・体制の強化に向けて、流域治水対策計画を活用する河川を全国の河川に拡大。流域水害対策に係る協議会を創設し、計画の充実を図る。氾濫防止に向けては、利水ダムの事前放流の拡大を図る協議会の創設や、流域の雨水貯留対策強化に向けて、貯留浸透機能を有する都市部の緑地の保全、雨水貯留浸透施設の整備支援などを進める。

 さらに、被害対象の減少に向けて、住宅や要配慮者施設等の浸水被害に対する安全性を事前確認する制度の創設や、避難先拠点の整備推進なども実施する。また洪水対応ハザードマップの作成を中小河川にも拡大すると共に、国土交通大臣による災害時の権限代行の対象も拡大させる。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ハザードマップ

自然災害による被害予測および避難情報を表示した地図をいう。 災害の種類に応じて、洪水、津波、火山、土砂災害などのハザードマップが作成・公表されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。