不動産ニュース / 開発・分譲

2021/2/10

横浜に体感型VRモデルルーム/日鉄興和不

「リビオレゾン横濱ギャラリー」内観

 日鉄興和不動産(株)は、体感型VRモデルルーム「リビオレゾン横濱ギャラリー」(横浜市中区)を11日にオープンする。

 最先端のVR技術とプロジェクションマッピング技術を融合させたモデルルーム。(株)スタイルポートのクラウド型新築マンションVR内覧システム「ROOV walk(ルーブ ウォーク)」を使い、ギャラリー内の壁に大画面VRを投影する。設置したいインテリアイメージを大画面に映し出すことや、レイアウトのパターン・家具の配置計画ができ、よりリアルに3次元空間を再現する。
 画面を動かすことで360度の空間を見ることも可能。実寸大の間取りや家具レイアウトをプロジェクションマッピングで床面投影し、ユーザーが希望するさまざまな部屋をリアルに体験できる。

 同ギャラリーでは、「リビオレゾン横濱関内」(横浜市中区、総戸数39戸)、4月以降には「リビオレゾン横濱大通り公園」(横浜市中区、総戸数61戸)のVRモデルルームを公開する。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

VR

情報技術を活用して、人工的に現実感を作り出すこと。英語のVirtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略語で、「仮想現実」「人工現実感」などと翻訳されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。