不動産ニュース / 開発・分譲

2021/2/10

日本GLP、福岡で専用物流施設を着工

「GLP福岡粕屋」外観完成イメージ

 日本GLP(株)は5日、物流施設「GLP福岡粕屋」(福岡県粕屋郡)を着工したと発表。すでにGLP施設の利用企業が入居し、専用施設として1棟全体を利用することが決定している。

 九州自動車道「福岡IC」から約1.5kmに位置。敷地面積約2万500平方メートル、延床面積約4万1,000平方メートル、耐震・鉄骨造地上4階建て。物流不動産開発ファンド「GLPジャパン・ディベロップメント・パートナーズIII」の開発物件で、総開発費用は約90億円。

 敷地内を車両が周回でき、入出荷エリアを分けられる両面バースを設置。高度なマテハン(機械による運搬や荷役作業のこと)システムを導入できるよう、防火区画の柔軟な設定や十分な電力供給の確保を計画している。就労環境の面では、カフェテリアや無人売店を設置するなど、従業員の快適性の向上を図る。

 竣工は2022年4月末の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。