不動産ニュース / 開発・分譲

2021/3/22

三菱地所他、宮古島に「ヒルトン」開発

「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」完成予想図

 三菱地所(株)と鹿島建設(株)は22日、リゾートホテル「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」(沖縄県宮古島市、総客室数329室)を着工した。

 両社を事業主として開発するプロジェクトで、ホテル運営は米・ヒルトンが担う。ヒルトンとしては沖縄県内6件目、離島では初のホテルとなる。宮古空港から車で約15分、下地島空港から車で約25分と島外からのアクセスに優れ、宮古島の中心市街地等にも近い。美しい夕景や伊良部大橋の眺望を望み、ビーチに隣接するリゾートホテル適地に立地する。

 全体の敷地面積は5万3,909平方メートル。ホテル棟は敷地面積6,478.77平方メートル、地上8階建て、延床面積2万8,368.43平方メートル。客室はツインルーム、キングルーム、エグゼクティブルーム、スイートルーム、アクセシブルルームなど幅広く用意する。外観は、低層部は琉球石灰岩をイメージしたベージュ基調でまとめ、高層部は水平ラインを強調し、緩やかな弧を描いた建物形状と共にリゾート感を演出。植栽は宮古島に根付く樹種を中心に選定した。

 優れた眺望を満喫できるよう、屋上にルーフトップバー、最上階にエグゼクティブラウンジを設置。このほかファミリー向け、キッズ向け、大人向けの3つの屋外プールや悪天候でも楽しめる屋内プール・フィットネス、チャペルなど共用施設も充実した。また、200平方メートル超のボールルームやミーティングルームも備え、観光客・ビジネス客・地元客などさまざまな利用シーンを想定した施設を備える。

 竣工は2023年2月末、開業は同年初夏を予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。