不動産ニュース / 開発・分譲

2021/3/22

「阪急西宮ガーデンズ」で最後の複合開発着工へ

「(仮称)阪急西宮ガーデンズ西側土地開発計画」完成予想図

 阪急電鉄(株)と阪急阪神不動産(株)は22日、複合施設「(仮称)阪急西宮ガーデンズ西側土地開発計画」(兵庫県西宮市)の開発に着手すると発表した。

 開発地は、2008年に開業した「阪急西宮ガーデンズ本館」の西側。18年開業の「同別館」「同ゲート館」に続く、同エリアでの一体的なまちづくりの最後のプロジェクトという位置付けとなる。

 「本館」「別館」「ゲート館」と同様、阪急線「西宮北口」駅と歩行者デッキで接続する。敷地面積は2,998.15平方メートル、建物は鉄筋コンクリート造地上14階建て、高さ57.75m。延床面積は1万8,336.65平方メートル。1~3階を飲食物販、サービス店舗などと駐輪場、4~9階をオフィスフロア、10階以上を賃貸住宅(総戸数112戸)とする。

 オフィスフロアは教育関連施設等の来店型テナントを誘致するほか、サテライトオフィスの開設についても検討していく。賃貸住宅は単身世帯をメインターゲットとして、共用部にはワークスペースを設置するほか、ラウンジなどの入居者同士のコミュニケーションを促進する空間も創出する。共用部の一部企画・デザイン監修には、成瀬・猪熊建築設計事務所を起用し、専有部だけでは実現できない要素や機能を提供する。

 6月に着工し、竣工は23年8月末の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。