不動産ニュース / IT・情報サービス

2021/3/26

横浜市とVR活用の防災コンテンツ制作へ/大和LN

 大和ライフネクスト(株)は26日に横浜市と連携協定を締結。VRを活用した次世代型マンション防災コンテンツを制作すると発表した。

 横浜市が民間事業者から公民連携に関する相談提案の窓口として開設・運用している「共創フロント」の一環。(株)理経(東京都新宿区、代表取締役社長:猪坂 哲氏)も含めた3者で行なう。横浜市から防災に関する監修を受け、大和ライフネクストが管理組合活動における課題解決の知見を提供、理経がVRコンテンツの開発を手掛ける。

 制作物については、大和ライフネクストが管理受託している分譲マンションにサービスとして提供する計画で、2021年7月の提供を目指す。また横浜市消防局横浜市民防災センターでも、来館者に利用してもらうVRコンテンツサービスとして提供予定。

VRコンテンツのイメージ

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

VR

情報技術を活用して、人工的に現実感を作り出すこと。英語のVirtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略語で、「仮想現実」「人工現実感」などと翻訳されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。