不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/3/31

家賃滞納件数は居住用・事業用とも減少傾向/日管協

 (公財)日本賃貸住宅管理協会・家賃債務保証事業者協議会はこのほど、新型コロナウイルス感染症に関するアンケート結果を公表した。同協議会に加入している家賃債務保証事業者85社(1月1日時点)を対象に調査を実施。調査期間は1月14日~2月12日、51社から回答を得た。

 居住用建物(有効回答数46件)および事業用建物(同25件)の新規契約数の推移については、4・5月は前年同月比で減少傾向にあったが、6月以降は回復傾向で推移している。6月以降、増加傾向で推移した理由は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、例年1~3月に集中する転居が6月以降に後ろ倒しになったこと、改正民法による個人の連帯保証人への極度額設定による保証事業者の利用が増えたこと、などを挙げている。

 居住用建物(同46件)、事業用建物(同24件)の家賃滞納件数の推移では、4・5月は増加割合が減少割合を上回っていたが、6月以降は逆転現象が見られた。6月頃より住宅確保給付金をはじめとした行政の各種給付金や支援金が入居者に支給され始めたことを最大の理由とし、「回答者数の約9割の会員が丁寧に行政の支援を案内したことの効果が出た」としている。

 コロナ禍で増加した相談内容については、「行政支援に関する相談」(回答者数の約8割)、「家賃の滞納に関する相談」(回答者数の約6割)など。また、緊急事態宣言等の国の要請やコロナ禍に対応するため、回答者数の約6割が在宅勤務・テレワーク・時差出勤を導入していることが分かった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

テレワーク

働き方のひとつで、情報通信機器等を活用して時間や場所の制約を受けずに柔軟に働く方法をいう。事業所に出勤せずに家で作業する在宅勤務、個人が委託・請負によって作業する在宅ワークなどがあるが、情報通信技術を幅広く活用することが特徴である。 テレワークにおいては、住宅が職場ともなり得る。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。