不動産ニュース / 開発・分譲

2021/4/8

堂島にマンション・ホテル一体の超高層複合タワー

「ONE DOJIMA PROJECT」完成イメージ(発表会で披露された100分の1模型)

 東京建物(株)とシンガポールのホテルディベロッパー「Hotel Properties Limited」は8日、共同で進める大規模再開発「ONE DOJIMA PROJECT」(大阪市北区)の概要を明らかにした。

 住宅とホテルからなる超高層複合タワーを開発するプロジェクトで、住宅はタワーレジデンス「Brillia Tower 堂島」、ホテルは大阪初進出となる「Four Seasons Hotel」を誘致した。アートタウン化を目指す堂島・中之島にちなみ、“旅とアート”をコンセプトに、アート監修に美術評論家で森美術館前館長の南條史生氏を起用。同氏のキュレーションにより世界的トップアーティストが多数参画する。建物は、水の都と呼ばれた堂島エリアを象徴するべく、川の上にそびえ、「帆」をイメージさせるデザインを具現化した。

 開発地は、JR「大阪」駅から徒歩9分。敷地面積約4,828平方メートル、延床面積約8万2,566平方メートル、鉄筋コンクリート造地上49階地下1階建て。住宅フロア(総戸数466戸)は1~27階および38~49階、ホテルフロア(客室数178室)は1~2階および28階~37階。2020年8月1日に着工済みで竣工は24年の予定。

 「Brillia Tower 堂島」は、住戸専有面積30平方メートル台~230平方メートル台、天井高約2.7m~約4.0m、開口部の割合を大きくした開放的な空間を実現。共用施設は、最上階のラウンジ・パーティルームをはじめた多彩な施設を備え、約50点を超えるアート作品を各所に設置する。コンシェルジュを配置し、エントランス部分には警備員が常駐することで、24時間有人管理サービスも提供する。

 8日の記者発表で東京建物代表取締役社長執行役員の野村 均氏は、「当社のBrilliaと世界的ラグジュアリーホテルブランドのFour Seasonsが一体となった日本初の超高層複合タワーを開発する。プロジェクト名の“ONE”には住宅とホテル、旅とアート、大阪と世界などさまざまな要素を一つにする唯一無二の物件でありたいという願いが込められている。国や分野を超えた開発チームが、それぞれの気持ちを形にし、大阪の新たなランドマークになるように開発を進めていきたい」などと抱負を述べた。

「大阪の新たなランドマークになるように開発を進めていきたい」などと話す野村社長
住宅共用部イメージ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。