不動産ニュース / 開発・分譲

2021/4/8

東京駅前に「ミッドタウン」の3弾目開発/三井不

「東京ミッドタウン八重洲」完成予想イメージ

 三井不動産(株)は8日、現在推進している「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(東京都中央区)の街区名を「東京ミッドタウン八重洲」とすることを発表。都心部のミクストユース型まちづくりブランドである「東京ミッドタウン」を冠する3つ目の施設。

 東京駅前で進行している3件の第一種市街地再開発事業の一つ。区域面積約1.5ha、A-1街区に地上45階地下4階建て、A-2街区に地上7階地下2階建ての建物を建設する。
 A-1街区建物は事務所、店舗のほか39~45階には、日本初進出となる「ブルガリ ホテル 東京」が開業する。地下2階は「東京」駅周辺の歩道上に分散している高速バス停留所を集約した国内最大規模のバスターミナルとする。さらに中央区立城東小学校も設ける。
 A-2街区は、事務所、店舗、認定こども園、住宅などで構成する。

 オフィスについては、ポストコロナ時代を見据え、完全タッチレスオフィスを導入。顔認証や専有部入口の自動ドア化等により、接触行為なしでビルのエントランスからテナント執務室まで移動できる。またトイレ金具などへの抗ウイルス剤の塗布や抗菌高性能フィルター設置によるエアゾル感染対策など、さまざまな新型コロナウイルス対策技術を実装する。

 最先端テクノロジー活用の一環として、さまざまなロボットを採用。「清掃ロボット」「案内ロボット」「運搬ロボット」に加え、「デリバリーロボット」も導入。施設内での飲食店のテイクアウト品のデリバリーをロボットが担う。

 さらに、入居テナントがグリーン電力を使用できるよう「グリーン電力提供サービス」も導入。同社が保有・開発した全国5ヵ所の太陽光発電所の環境価値を「トラッキング付非化石証書」として付加し、グリーン電力として供給していく。なおこのサービスを利用する企業の使用電力は、国際基準であるRE100に適合した電気として認定される。

 竣工は2022年8月末の予定。

「完全タッチレスオフィス」勤務イメージ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。