不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/4/8

分譲マンション供給専有面積、野村不がトップ

 (株)不動産経済研究所は8日、2020年の「全国分譲マンション 売り主・事業主別の供給専有面積ランキング」を発表した。

 全国のトップは野村不動産(株)で、供給専有面積は27万4,276平方メートル。2位は(株)プレサンスコーポレーション(供給専有面積:24万692平方メートル)、3位は住友不動産(株)(同24万544平方メートル)、4位は三井不動産レジデンシャル(株)(同17万9,274平方メートル)、5位はあなぶき興産(株)(同15万1,297平方メートル)だった。前年2位だった野村不動産が首位を奪取。あなぶき興産は前年比29.1%増で5位に入った。

 エリア別では、首都圏トップは全国と同様に野村不動産(同19万3,368平方メートル)。以下、住友不動産(同17万5,587平方メートル)、三井不動産レジデンシャル(同15万2,003平方メートル)、三菱地所レジデンス(株)(同11万5,652平方メートル)と続き、上位4位が10万平方メートルを突破。5位には東急不動産(株)(同7万952平方メートル)が入り、大手総合不動産会社がトップ5を独占した。
 近畿圏トップはプレサンスコーポレーション(同15万3,391平方メートル)で、3年連続で10万平方メートルを突破。2位はエスリード(株)(同5万7,297平方メートル)、3位は(株)日本エスコン(同4万8,915平方メートル)。その他のエリアでは、トップがあなぶき興産(同13万3,426平方メートル)。以下、プレサンスコーポレーション(同8万2,647平方メートル)、(株)穴吹工務店(同6万5,735平方メートル)と続いた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。