不動産ニュース / IT・情報サービス

2021/4/14

在宅ワーカー約半数の「住まいに求める要素」が変化

 (株)スウェーデンハウスは14日、「コロナ禍における住まいの意識調査」の結果を公表した。4月2~5日の期間、全国の20~60歳代の男女500人(各年代100人ずつ)を対象に、インターネット調査を実施した。回答者のうち、在宅勤務についての知識がある人は362人、実際の経験者は109人、未経験者は253人。

 「居住エリアに対する変化」については、全体の15.8%が「変化があった」と回答。年代別では20歳代が24.0%、30歳代が20.0%と、若い世代の意識変化が大きい傾向が見られた。また、在宅勤務経験者は31.2%、未経験者は9.9%と、コロナ禍で変化した通勤形態が居住エリアに対する意識に大きな影響を与えたことが分かった。
 「住まいに求める要素」について「変化があった」と回答したのは26.8%。年代別では20歳代が33.0%、30歳代が34.0%と若い世代の意識変化がとくに大きく、在宅勤務経験者では47.7%に上った。

 「住まいに求める具体的な要素」(複数回答可)については、全体および20~50歳代で「インターネット環境」が1位。在宅勤務経験者は、「仕事ができる空間・ワークスペースと居住スペースの切り分け」(55.5%)が1位となった。「1人でいられる/家族・パートナーのプライバシーが保たれる空間を充実させたい」(40.7%)、「広さ」(40.7%)も多くの票を集めた。

 「コロナ禍と比較し“家族の団らんが増えた”」と感じた人は全体の41.6%。在宅勤務経験者では60.7%に達した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。