不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2021/4/15

立地にこだわったポートフォリオ戦略を推進/HLI

 ヒューリックリート投資法人(HLI)は15日、2021年2月期(20年9月1日~21年2月28日)決算の説明会を開催した。

 当期の業績については14日のニュースを参照。

 期中、外部成長については、コロナ禍も踏まえた資産入替を推進。収益回復に時間がかかる可能性の高い商業施設や今後マーケットが弱含む可能性のある大規模オフィスを譲渡する一方で、安定した収益が見込まれる銀行店舗物件をスポンサーから取得。収益安定性の向上につなげた。内部成長については、新型コロナウイルスを起因とする賃料の一時減額・支払い猶予等の要望が一巡。オフィス区画では賃料減額事例はなく、入居テナントと丁寧な対話を進めることで、賃料増額改定を進めているという。
 次期以降の退去予定区画については、適正賃料での早期埋め戻しを推進していく考え。

 運営会社であるヒューリックリートマネジメント(株)代表取締役社長の一寸木 和朗氏は、「引き続き立地にこだわったポートフォリオ戦略を進めていく」と述べた。

 次期は、営業収益104億4,300万円、営業利益56億3,400万円、経常利益49億1,900万円、当期純利益48億7,300万円、1口当たり分配金3,550円を目指す。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

JREIT

不動産投資信託のことで、アメリカのREIT(Real Estate Investment Trust)の日本版であることから、JREITと呼ばれる。不動産を買収、賃貸して収益を得る専門の会社(投資法人)または同様の機能を担う信託会社が証券を発行し、金融商品として取引される。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。