不動産ニュース / イベント・セミナー

2021/4/15

エコ・ファースト協、小泉環境相に再エネ推進等を表明

 積水ハウス(株)など住宅メーカーほか、多様な企業50社が加盟する、エコ・ファースト推進協議会は14日、通常総会を開催。11社の幹事会社が集まる中、議長の今井雅則氏(戸田建設(株)代表取締役会長)はオンラインで環境省の小泉 進次郎大臣に今後の活動方針を伝えた。

 2050年の脱炭素社会実現に向けた政策へ賛同。加盟企業各社は、50年のカーボンニュートラル実現に向けたCO2削減目標に取り組むことを表明した。また、再生可能エネルギー比率の引き上げに期待し、その実現に向け積極的な利用を進めていく。
 循環型社会の推進に向け、加盟企業各社は、3R(リデュース、リユース、リサイクル)やバイオマスプラスチックに代表される植物由来の素材への転換を図るとともに、「サーキュラーエコノミー(循環経済)」の仕組みを理解し、持続可能な循環経済活動を展開するなどと宣言した。

 今井氏は「協議会加盟企業各社の環境施策の推進や協議会のプレゼンス向上のためにお力添えをお願いしたい」と伝えた。小泉氏は「今後は再生可能エネルギー拡大に向けた取り組みがポイントになる。化石燃料の輸入コストの削減や雇用・産業の創出にもつながる。再エネ確保に向け企業から積極的に声を挙げていただきたい」などと述べた。

 なお、総会では、議長に今井氏が再任することを承認。21年度事業計画では、環境省との連携強化のため、プラスチックスマートキャンペーンやエコライフフェアなどの各種イベントを展開。また、オフィシャルサイトのリニューアルのほか、コロナの状況を見ての対面での情報交換会の開催などを行なう方針。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

再生可能エネルギー

短期間に再生し、あるいは消滅しない燃料源から取り出されるエネルギーをいう。そのような燃料源として、太陽光、風、流水、植物・バイオマス、地熱などがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。