不動産ニュース / 開発・分譲

2021/4/16

日暮里のコンパクトM、土間提案などで差別化

「イニシア日暮里アベニュー」外観

 (株)コスモスイニシアが開発を進めてきたコンパクトマンション「イニシア日暮里アベニュー」(東京都荒川区、総戸数45戸)が竣工した。コロナ禍で販売活動が中断するなどしたが、使い勝手を高める「土間」の提案なども評価され、残9戸まで販売が進捗している。

 同物件は、JR山手線他「鶯谷」駅徒歩6分、同「日暮里」駅徒歩12分に立地する、地上11階建てのマンション。住戸は1LDK~3LDK、専有面積33平方メートル台と54・55平方メートル台。

 33平方メートル台の1LDKは、シューズクロ―ゼット、ウォークインクローゼットなど収納を重視したタイプと、玄関に2畳大の土間を設けたタイプを用意。土間には採光・通風用の小窓が付き、LDKとガラス入りの引き戸で仕切られる。引き戸を開け放つことで、11畳以上の空間として一体利用も可能。LDKはキッチンを壁付けとして有効面積を拡大。キッチン部分にも床暖房を設定している。コンパクト住戸ながら、食洗器やミストサウナも標準とした。土間は、趣味を持つ単身男性の評価が高いという。

 現在販売中の住戸は、3,748万~5,198万円。坪単価は約350万円。都心通勤アクセスの良さ、日暮里駅周辺の繁華性が評価されている。また今春、物件近くに大型スーパーが開業し生活利便性が向上したことで、売れ行きが加速した。

 なお同社は、同物件と併行して同じ日暮里駅圏で「イニシア日暮里テラス」(総戸数54戸)も販売中で、こちらも残り3戸まで販売が進捗。両物件合わせて480組の来場を集めている。

土間のある1LDK。リビング横の寝室~クローゼット~トイレ~洗面所~浴室の動線や、引き戸を多用した空間づくりなどが特徴
土間は広さ2畳大。明り採りの小窓もつく

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。