不動産ニュース / 開発・分譲

2021/4/16

国技館通りの立地に高評価。反響1,200件

「クレヴィア両国 国技館通り」モデルルーム

 伊藤忠都市開発(株)が3日にモデルルームをオープンした分譲マンション「クレヴィア両国 国技館通り」(東京都墨田区、総戸数77戸)の反響が約4ヵ月で1,200件に達した。両国エリアを南北に貫く「国技館通り」沿いという立地が高く評価されている。

 同物件は、JR総武線他「両国」駅徒歩2分に立地する、地上14階建てのマンション。両国国技館や江戸東京博物館、墨田川などが徒歩圏。同通り沿いの分譲マンションは、10年ぶりの供給となる。住戸は、ワンルーム~3LDK、専有面積約25~67平方メートル。建物竣工は2022年5月下旬。

 新しい生活様式によるサードプレイスへの需要増加に対応した共用空間や住戸プランが特徴。14階にはスカイラウンジに加え、リモートワーク等に利用できる個室ブース「+HANARE Common」を設置。2階にはアクティブな暮らしの拠点「ACTIVE BASE」として、ホール・サイクルポート・クリーンアップコーナー(手洗い所)を設置している。専有部は、空間をフレキシブルに活用できる可動家具を採用。御影石天板のキッチンやタイル張りの廊下など建物グレードも高い。

 また、全体の約3分の1を占めるコンパクト住戸には、一人住まいに最適化した収納・キッチン・水回り・居室設計「nanoni」を提案。「トール型収納+全身ミラー」「高機能シャワー」「スクエア型キッチン+食器棚」「ディスプレイウォール+床暖房」「半透明ガラスの可動パーテーション」を組み合わせて導入する。スクエア型キッチンはシンク部分にカバーがかかるようになっており、キッチンとしてだけではなくPCの作業スペースやダイニングテーブルとしても利用できるようにしたもので、省スペースでの使い勝手が向上する。

 販売予定時期は5月下旬。価格は未定、坪単価は450万円前後となる予定。実需反響は地元墨田区が中心だが、コンパクト住戸は投資運用も考慮したユーザーを広域から集めているという。

コンパクト住戸に設定されるスクエア型キッチン

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。