不動産ニュース / IT・情報サービス

2021/4/22

東急不Gと凸版、ワーケーション普及に向け実証実験

 東急不動産(株)、東急リゾーツ&ステイ(株)、凸版印刷(株)の3社は、ワーケーションをしながら個々人にパフォーマンス向上方法を試し、確認・実践できるプログラムの実証実験を5月17日より開始する。

 コロナ禍を機に新たな働き方としてワーケーションの導入検討が進んでいる一方、実際の労働生産性に与える効果のエビデンスは少なく、制度の整備や普及が進んでいない。

 そこで同実証実験では、凸版印刷の顧問である、ハーバード大学医学部客員教授の根来秀行氏監修のもと開発したパフォーマンスを高める24時間の過ごし方のプログラムを、東急不動産グループが運営する全国のホテルで実施する。
 ワーケーション実施中は対象者にセンシングデバイスを装着。対象者はデバイスを通して、そのプログラムの項目が自分のパフォーマンス向上につながっているか判断できる。また、ワーケーション前後の状態もセンシングし、通常勤務に戻っても継続的にパフォーマンスが向上するかについても検証する。

 実施施設は「ホテルハーヴェスト浜名湖」(浜松市北区)、「ホテルハーヴェスト勝浦」(千葉県勝浦市)の2施設。期間は7月1日まで。3社は同実証を通じ、ワーケーションの中で個々人がパフォーマンスの向上を図れるプログラムを開発し、新しい働き方のモデル提案とワーケーションのさらなる普及を推進していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。