不動産ニュース / IT・情報サービス

2024/4/26

東急コミュ、「スマート置き配」サービスを普及

 (株)東急コミュニティーは26日、(株)ライナフと3月に業務提携したことと、同社が管理するオートロック付き分譲マンションへ、ライナフの「スマート置き配」を提供していくと発表した。

 「スマート置き配」は、スマートロック「NinjaEntrance(ニンジャエントランス)」を設置し、共用エントランスのカギをデジタル化。配送パートナーごとに認証された配達員が入館し、居住者の求めに応じ玄関前に置き配を行なうもの。宅配ボックスがいっぱいで荷物が受け取れない事態を回避できるほか、宅配ボックスから重い荷物を運ぶ必要がなくなる、インターフォンを鳴らさない静かな配達が可能になるなどのメリットがある。

 導入にあたっては、スマート置き配利用に対応するよう使用細則改訂によるルール整備を図った上で、解錠履歴を記録してなりすましや不特定の入館を防ぐ。

 同社は、スマート置き配普及により、入居者の利便性を向上させながら、社会課題である再配達業務の削減と再配達のトラックが輩出するCO2削減に寄与していく方針。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。