不動産ニュース / その他

2021/4/23

面的データ構築に係るガイドラインを策定/国交省

 国土交通省は23日、地方自治体向けに「不動産分野の面的データ構築に係るガイドライン」を策定した。

 空き家や空き地問題など、地域が抱える政策課題への対応を検討し、関係者間で認識を共有・議論する上では、一定のエリアごとで可視化された面的データを活用することが有効といえる。しかし、地方自治体等の地域では、そうした面的データ等を構築するためのツールやその活用方法の普及が不十分であることから、こうした課題解決の手助けとなるよう、ガイドラインを策定した。

 同ガイドラインでは、面的データ構築を行なうための準備や作成、分析における手順を詳細に解説。主なデータ分析パターンを想定し、「空き家対策」や「空き地対策」に関する現状把握や将来の発生リスクの他、「公的不動産対策」として、保育園や高齢者施設における将来の定員充足状況や避難施設の分布状況およびハザードエリア等を掲載する。

 ガイドラインは同省ホームページで閲覧できる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。