不動産ニュース / その他

2021/4/26

特別編集本「売買・賃貸 不動産トラブルQ&A」を発行

知っておくと役に立つ! シリーズ第4弾「売買・賃貸 不動産トラブルQ&A」表紙

 (株)不動産流通研究所は26日、「知っておくと役に立つ!」シリーズの第4弾「売買・賃貸 不動産トラブルQ&A」を発行した。

 不動産の売買・賃貸取引等に関連して発生した63のトラブル事例を掲載。不動産問題に詳しい弁護士が過去の判例を参照しながら、トラブルの経緯、法的解釈などをQ&A方式で分かりやすく解説している。

 売買編では「説明義務・契約不適合責任をめぐるトラブル」「契約の成立をめぐるトラブル」など24事例を掲載。賃貸編として「入居中のトラブル」「原状回復に関するトラブル」「サブリースに関するトラブル」など35事例を取り上げた。また、民法に関連する事例では、旧民法・改正民法での判断の違いや注意点なども解説。改正民法や心理的瑕疵、サブリース、所有者不明不動産に関するコラムのほか、巻末には本文解説で取り上げた判例の索引も掲載した。

 定価は990円(本体価格900円+税)。B5判、148ページ。一部書店、ネット書店のほか、電子書籍も同時発売する。詳細や購入については、同社ショップサイトを参照。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

原状回復義務

賃貸借契約の終了時に、賃借物(たとえば賃貸住宅)を借りてから生じた損傷を回復する義務。原状回復義務は賃借人が負う。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。