不動産ニュース / 開発・分譲

2021/5/10

三井不、首都圏の全所有施設でグリーン電力化推進

 三井不動産(株)は10日、2030年度までに、首都圏で所有(一部所有を含む)するオフィスビル、商業施設、ホテル、物流施設、賃貸住宅などすべての施設について、共用部に使用する電力のグリーン化を推進すると発表した。

 うち、東京ミッドタウン3施設や日本橋エリアすべてのミクストユース型基幹ビルなど25棟を「先行導入ビル」と位置づけ、22年度までに同社使用電力のグリーン化を実現する。

 さらに、専用部でも入居テナント各社のグリーン化計画に対応した「グリーン電力提供サービス」を4月より開始。同社のさまざまなグリーン電力化の仕組みを活用し、オフィスビルなどで使用する電力をトラッキング付非化石証書の使用によって実質的に再生可能エネルギーとして提供するもので、顧客ニーズに応じて柔軟なメニューを提供していく予定。

 現時点で、すべての施設は約120施設あり、これをもとに算出した場合、グリーン化される電力量は年間換算約3億kWh(東京ミッドタウン日比谷共用部使用量の約30棟分)となる。CO2削減効果は約12万3,000tとなり、一般家庭の約6万9,000世帯分に相当する。

 先行導入ビル25棟については、22年度末までに同社使用電力のグリーン化を実現し、これにテナント提供分も合わせて、同年度末時点でグリーン化される電力は年間換算2億kWh、CO2削減効果約8万2,000t、一般家庭約4万6,000世帯相当を超える見込み。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。