不動産ニュース / 開発・分譲

2021/5/13

三浦半島のエリマネ活動を強化/京急電鉄

 京浜急行電鉄(株)は、神奈川県の三浦半島でのエリアマネジメント活動を強化すると発表した。

 三浦半島は、都心から1時間圏内という近さで豊かな自然環境や食の魅力も大きく、多くの人が来訪する。しかしその半面、日帰りが多く長時間滞在が少ないという地域課題を抱えている。その課題を解決するために、外部事業者と共同で滞在拠点の再整備に取り組む。

 2020年5月に閉館した「城ヶ島京急ホテル」については、ヒューリック(株)と共同で高級温泉旅館「ふふ城ヶ島」(仮称)の開業を目指す。建物や設備の老朽化が進んでいる「京急油壷マリンパーク」は、同年9月30日に閉館し、滞在拠点の一体開発は発に向けて大手ディベロッパーと検討を進める。また、「長井海の手公園ソレイユの丘」を、(株)日比谷花壇などと9社共同で23年4月にリニューアルするほか、三浦海岸エリアでは、多世代共生のまちづくりによる沿線活性化に向けて、外部事業者と共に検討を行なう。

 また、沿線自治体や地域事業者と共に運営するエリアマネジメント組織「三浦CocoonFamily」を発展させ、観光活性化、交流人口・定住人口の拡大、新規事業者誘致など社会課題解決に取り組む。さらに、観光型MaaS「三浦Cocoon」および事業者プラットフォーム「三浦Cocoon for bussiness」提供を通じ、「三浦CocoonFamily」と共に「MaaS版沿線まちづくり」を進める。

 なお、同社とヒューリックはこのほど、「ふふ城ヶ島」(仮称)の開業に向けて基本協定を締結。今後は、京急電鉄の持つ三浦エリアでの事業ノウハウとヒューリックの持つ高級温泉旅館事業のノウハウを合わせ、三浦エリアの観光拠点の一つとなる高級温泉旅館の実現を目指す。なお、「ふふ城ヶ島」(仮称)の開業は24年度の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

エリアマネジメント

地域における良好な環境や固有の価値を維持・形成・向上するための取り組みで、地域住民などが主体的に行なうものをいう。和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。