不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2021/5/19

プリンスHと西武プロパティーズの機能・役割刷新/西武HD

 (株)西武ホールディングスはこのほど、2021年3月期決算(連結)を発表した。

 当期(20年4月1日~21年3月31日)は、営業収益3,370億6,100万円(前期比39.2%減)、営業損失515億8,700万円(前期:営業利益568億2,300万円)、経常損失587億8,500万円(同:経常利益487億7,000万円)、当期純損失723億100万円(同:当期純利益46億7,000万円)。

 不動産事業は、営業収益553億9,500万円(前期比8.4%減)、営業利益154億2,200万円(同11.6%減)。期中、所沢駅東口駅ビル計画「グランエミオ所沢」第II期を開業し、賃貸ユニットハウス事業を開始したものの、前期のマンション引き渡しの反動減や、商業施設の臨時休業、利用客の減少が影響した。

 ホテル・レジャー事業は、営業収益840億5,000万円(同63.0%減)、営業損失534億1,300万円(前期:営業利益85億3,300万円)。ホテル、ゴルフ場、レジャー施設等の臨時休業や、営業再開後の利用客の減少等による減収減益。

 次期は、営業収益4,560億円、営業利益90億円、経常利益0円、当期純損失50億円を見込む。

 なお、「西武グループ中期経営計画(21~23年度)」を策定。コロナ禍およびアフターコロナの事業環境に対応するため、「経営改革」「デジタル経営」「サステナビリティ」を骨子に取り組みを進める。

 より強固な体質を構築すべく、資産の「保有・運営」を一体とした経営構造から「アセットライト」をテーマにビジネスモデルの変革を進める。グループの保有資産の価値極大化およびホテル・レジャー事業と不動産事業の競争力向上を目的にグループ内組織再編を実施。(株)プリンスホテルと(株)西武プロパティーズの機能・役割を刷新し、プリンスホテルの資産(土地・建物等)および資産管理機能を西武プロパティーズに移管。資産・事業の売却・流動化を図り、西武プロパティーズはグループ資産の価値極大化を図る総合不動産事業者としての役割を担い、プリンスホテルはホテル等のオペレーションに専念する。

 最終年度である23年度の計画数値は、営業収益(売上高)5,380億円、営業利益660億円、経常利益570億円、当期純利益400億円。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。