不動産ニュース / 団体・グループ

2021/6/22

神奈川宅協、会員への職域接種で与党議員と意見交換

 (公社)神奈川県宅地建物取引業協会は18日、会長の草間時彦氏が坂井 学内閣官房副長官および島村 大参議院議員を訪問。(公社)全国宅地建物取引業協会会長で同会所属の坂本 久氏も同行した。

 同協会では、7月初旬から会員企業従業員および事務局職員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの職域接種を予定しており、協力依頼と業務進捗状況の報告を行なった。

 席上、「今回のワクチンの打ち手は歯科医師であり、協力すれば大企業ではなくてもワクチン接種が可能」「今回の報道によって他の宅建協会でも職域接種の動きが出てきた。引き続き協力を願いたい」などと意見交換が行なわれた。

写真左から草間氏、坂井氏、坂本氏
写真中央が島村氏

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?