不動産ニュース / 開発・分譲

2021/6/28

三井不、上海で駅ビル商業施設を開発

「三井ショッピングパーク ららステーション上海蓮花路」外観

 三井不動産(株)は25日、上海市閔行(ミンハン)区で開発中の上海地下鉄1号線蓮花路(レンファールー)駅に直結する駅ビル商業施設の名称を「三井ショッピングパーク ららステーション上海蓮花路」に決定した。海外における同社グループ初の駅ビル商業施設となる。

 同施設が所在する閔行区は上海南西部に位置し、上海市の浦西エリアで最大の人口(約243万人)を有する行政区。同駅は1日当たりの乗降客数が約10万人にのぼる。

 敷地面積約1万7,600平方メートル、延床面積約3万1,000平方メートル。鉄骨造地上5階地下1階建て。上海申通地鉄集団が開発・保有する予定の複合用途建物のうち、商業部分を同社グループが賃借・運営する。

 「My favorite THIRD PLACE」をコンセプトに、家(ファーストプレイス)と職場や学校(セカンドプレイス)の中間にある駅を、交通や移動のための場所から、生活者の交流やまちのにぎわいの拠点へ変貌させることを目指して開発。インターナショナル・日本・中国の約100店舗が入居する予定。

 1階にはドイツのスーパーマーケット「ALDI」が先行オープン。また、朝食からランチ、ディナーまでを楽しめるフードホールを設ける。2階はファッション、雑貨、食品等のトレンド性の高い店舗が集積する「トレンドゾーン」に。3階は暮らしをサポートする店舗「ライフスタイルマーケット」とし、4階はレストランやサービス店舗等で構成する。5階にはAgiiPlus Groupのシェアオフィスブランド「DISTRII办伴(banban)」の入居が決定。

 順次開業し、21年中の全体開業を予定している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。