不動産ニュース / 開発・分譲

2021/6/30

船橋で「街づくり型」物流施設が完成/三井不

中央の建物が「MFLP船橋III」

 三井不動産(株)は30日、開発を進めてきた「三井不動産ロジスティクスパーク船橋(MFLP船橋)」(千葉県船橋市)における3棟目の物流施設「MFLP船橋III」、および地域に開いた緑地空間「MFLP船橋・&PARK」の竣工を発表した。これにより、「街づくり型」物流施設「MFLP船橋」が完成した。竣工時点で約8割の入居テナントが確定している。

 「MFLP船橋III」は、敷地面積5万8,857平方メートル、鉄筋コンクリート造・鉄骨造地上8階建てで、免震構造採用。延床面積は27万1,051平方メートル。各フロアの倉庫・トラックバース面積は2万7,000平方メートル。事務所の天井高は全フロア約3.6mでハイサッシを採用、緑地空間を一望できる開放的なオフィス環境を実現した。倉庫内には同社初となる全フロア全館空調・人感センサー付きLED照明を実装するなど、業界トップレベルのスペックを採用している。トラックバースは国際基準である45ftコンテナ車両にも対応可能とした。

 24時間稼働という施設の特性を踏まえ、免震構造、72時間対応の非常用発電機などのBCP対策を導入。さらに車番認証システムを採用したトラックゲート・フラッパーゲート、顔認証システムによる入退館管理等、高度なセキュリティ設備も導入している。

 快適かつ安心・安全な職場環境の提供に向けては、まち並みを一望できる屋外テラスや飲食・ワークなど多様に利用できるラウンジなどを用意。感染症対策として、非接触型のエレベーターや各階トイレの利用状況の見える化システムを採用した。

 環境面では、屋上に自用の太陽光発電設備を備え、共用部使用電力の100%グリーン化を実施する。

 敷地内には約2万平方メートルの緑地空間「MFLP船橋・&PARK」を整備。一部は入居テナント専用のプライベートガーデンとし、BBQやゴルフ等のイベント開催ができるようにしている。

 2016年の「MFLP船橋I」、19年の「MFLP船橋II」 ・共用棟「MFLP船橋・&GATE」、20年のアイススケートリンク「三井不動産アイスパーク船橋」に続き、今回の「MFLP 船橋III」「MFLP船橋・&PARK」の竣工により、 計画着手から8年をかけて「MFLP船橋」全体が竣工した。

 同社専務執行役員ロジスティクス本部長の三木孝行氏は、「『MFLP船橋III』は、『II』を超える国内最高の物流施設であると自負している。同じく竣工した『MFLP船橋・&PARK』は、地域の方たちと一緒にという思いを込めて命名した。今後は近くに立地する『TOKYO BAYららぽーと』と連携し、『MFLP船橋・&PARK』でさまざまなイベントを開催するなどして、さらなるにぎわいを創出していきたい」と語った。

屋外テラス(写真)やスカイデッキ、ラウンジなど、充実した共用施設を整備
緑地空間「MFLP船橋・&PARK」

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?