不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/7/28

東京オフィス、面積を抑える企業が増加

 (株)ザイマックス不動産総合研究所は28日、「オフィスマーケットレポート東京 2021Q2」を発表した。

 当期(21年4~6月期)の23区オフィス空室率は、2.96%(前期比0.66ポイント増)となった。都心5区は2.93%(同0.69ポイント増)、周辺18区は3.04%(同0.58ポイント増)と、すべてのエリアで5四半期連続して空室率が上昇。その要因の一つに、アフターコロナに向けて1人1席のようなオフィスの在り方ではなくオフィス面積を抑える方針の企業が増えたことを挙げている。

 空室増減量は、増加が25万8,000坪、減少が17万9,000坪と、5四半期連続で空室の増加が減少を上回った。空室在庫に対し、期間中に空室がどれだけ減少したかを割合で示す空室消化率は34.5%(同3.6ポイント増)となった。

 新規成約賃料インデックスは89(同1ポイント下落)。新規賃料が上昇した物件の割合から下落した物件の割合を引いた成約賃料DIは-36(同7ポイント下落)となり、3四半期連続でマイナス圏だった。

記事のキーワード 一覧

動画でチラ見!

月刊不動産流通2023年12月号

雑誌の詳細はこちらから

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地場の事業者が語り合う
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/11/2

「記者の目」更新しました。

顧客にとことん寄り添う仲介営業」配信しました。
地場不動産会社の強みとは何だろうか? 商圏やネットワークの広さ、ブランド力、プロモーション力では大手企業に軍配が上がるが、一つの案件にどれだけ時間が掛けられるか、という点では地場企業も負けてはいない。顧客の要望を「とことん聞く」ことを実践する、大阪のある不動産会社を取材した。