空室率の記事一覧

2020/10/30

不動産ニュース 2020/10/30

都心Aクラスビル、賃料が再び低下

三幸エステート(株)は30日、(株)ニッセイ基礎研究所と共同開発した成約賃料に基づくオフィスマーケット指標「オフィスレント・インデックス」(2020年第3四半期〈20年7~9月〉版)を公表した。東京都心部のAクラスビル(延床面積1万坪以上、基準...

2020/10/26

2020/10/15

不動産ニュース 2020/10/15

オフィス賃料の低下時期は都心転入が増加

(株)ザイマックス不動産総合研究所は、過去の企業移転の動向とオフィス賃貸マーケットとの関連性についての調査結果を公表した。各社ホームページや新聞記事などの公開情報を基に、2002~19年にかけて東京都における移転事例5,541件を収集。

2020/10/14

不動産ニュース 2020/10/14

東京Aグレードオフィス空室率0.7%

JLLは12日、2020年第3四半期の東京A・Bグレードオフィスの空室率、賃料を発表した。Aグレードの空室率は0.7%(前期比横ばい、前年比0.1ポイント上昇)となり、6四半期連続で1%を下回る水準となっている。

2020/10/8

不動産ニュース 2020/10/8

都心5区、ビル平均空室率の上昇続く

三鬼商事(株)は8日、9月の全国主要都市のオフィスビル最新市況調査結果を発表した。東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の平均空室率は3.43%(前月比0.36ポイント上昇)と、7ヵ月連続の上昇。

2020/9/15

不動産ニュース 2020/9/15

都心5区ビル空室率、小幅に上昇

三幸エステート(株)は15日、2020年8月度の東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)および全国6大都市(東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡)の大規模ビル(1フロア面積200坪以上)のマーケットデータを公表した。東京都心5区の...

2020/9/9

不動産ニュース 2020/9/9

東京オフィス空室率、3ヵ月連続で上昇

ビルディンググループは9日、2020年8月度の全国6大都市圏(東京、名古屋、大阪、福岡、札幌、仙台)の主要エリアにおけるオフィスビル市況調査結果を発表した。調査対象は、空室率が基準階床面積100坪以上の事務所ビル。

2020/9/1

不動産ニュース 2020/9/1

東京圏の物流施設、空室率は0.4%

(株)一五不動産情報サービスは8月31日、2020年7月期(5~7月)の「物流施設の賃貸マーケットに関する調査」結果を発表した。東京圏・関西圏で延床面積または敷地面積が1万平方メートル以上の賃貸物流施設の空室率等について、四半期ごとに調査してい...

2020/8/13

不動産ニュース 2020/8/13

都心5区ビル空室率、4ヵ月ぶりの低下

三幸エステート(株)は13日、2020年7月度の東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)および全国6大都市(東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡)の大規模ビル(1フロア面積200坪以上)のマーケットデータを公表した。東京都心5区の...

2020/8/12

不動産ニュース 2020/8/12

東京主要5区ビル空室率、2ヵ月連続で上昇

ビルディンググループは7日、2020年7月度の全国6大都市圏(東京、名古屋、大阪、福岡、札幌、仙台)の主要エリアにおけるオフィスビル市況調査結果を発表した。調査対象は、空室率が基準階床面積100坪以上の事務所ビル。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「ウィズ/アフターコロナ」の不動産市場は? 各分野のアナリストが展望します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/14

「記者の目」更新しました!

『顧客目線』のリノベーション(後編)
前編に引き続き、築古の公営住宅を、現代のライフスタイルに合った魅力的な物件に再生した事例を紹介。小さな子供を持つファミリー層向けに、さまざまな工夫を施しています。