不動産ニュース / その他

2021/8/20

RE100目標を25年に前倒し達成/旭化成H

 旭化成ホームズ(株)は19日、国際的なイニシアチブ「RE100」について、2025年までに達成する見込みとなったと発表した。

 「RE100」は、事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標とするイニシアチブ。同社は19年9月に参加を宣言し、当初目標達成年を38年としていた。
 同社はグループ会社である旭化成(株)が運営する電力小売り事業「へーベル電気」を通じ、太陽光発電システムを搭載したヘーベルハウス・へーベルメゾンオーナーから卒FIT後の電力の買い取りを実施。事業活動で消費する電力に当てるスキームでRE100の目標達成を目指していたが、想定を大きく超える4割超のオーナーとの売電契約に至ったため、25年に目標を達成できる見込みとなったという。

 また、さらなるカーボンニュートラル社会の実現に向け、戸建てほど普及が進んでいないZEH-Mにも注力。今後は、21年3月に発売したZEH-M賃貸「Ecoレジグリッド」の普及を加速する。「Ecoレジグリッド」は、ZEH-M要件を満たす賃貸住宅「へーベルメゾン」の建築主から同社が30年間屋根等を賃借。太陽光発電設備と蓄電池を設置し、「へーベル電気」を通じて入居者に販売、余剰電力は同社グループの事業活動で活用するシステム。独自の電力の供給スキームで再生可能エネルギー比率を高めることで、RE100目標前倒しの後押しともなる。

 同社は25年のRE100目標達成を通過点とし、その後は取得したグリーン電力を旭化成グループの工場や事業所へ展開。将来的には一般社会への供給を視野に、より広くカーボンニュートラルな社会の実現に向けた貢献を目指す。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

カーボンニュートラル

人間活動において、二酸化炭素の排出と吸収が相殺されてゼロであることをいう。例えば、植物のからだは空気中の二酸化炭素が固定化されたものだから、その燃焼(バイオマス燃料の利用)によって二酸化炭素が排出されてもカーボンニュートラルである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。