不動産ニュース / 開発・分譲

2021/8/23

大阪で大規模物流施設を着工/大和物流

「(仮称)東大阪宝町物流センター」完成イメージ

 大和ハウスグループの大和物流(株)は20日、物流施設「(仮称)東大阪宝町物流センター」(大阪府東大阪市)を着工したと発表した。

 阪神高速13号東大阪線の「水走IC」から約1kmに立地。敷地面積約1万9,688平方メートル、鉄骨造地上3階建て。延床面積2万7,929平方メートルと、同社最大規模(延床面積ベース)の物流施設となる。

 低床式ホームで、建材や機械などの重量物の取り扱いにも対応可能な床荷重1平方メートル当たり2.0tの仕様を採用。開口スペースには約20台の大型トラックが同時に接車でき、合計6基の搬送設備を活用することでスムーズな貨物の搬送が可能となる。

 同施設は、近畿に拠点を置くメーカーや流通業者向けの保管・輸配送拠点として、同社が運営する。

 竣工は2022年9月28日、稼働は翌29日の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

物流施設

貨物の保管・仕分けなどのための施設。物流センター、倉庫などであるが、保管機能だけでなく流通加工の機能を備えたものもある。必要な設備は貨物の性質や施設の用途によってさまざまで、その立地は、輸送方法や用途に応じて選定される。倉庫事業者が施設を建設し、賃貸する方法で運営されている場合が多い

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。