不動産ニュース / 開発・分譲

2021/8/25

積水ハ、住宅設備の遠隔操作可能にするサービス

 積水ハウス(株)は30日、外出先からの住宅設備の遠隔操作を可能にするサービス「PLATFORM HOUSE touch (プラットフォームハウスタッチ)」の販売を開始する。

 同社が推進してきた「プラットフォームハウス構想」の一環。住まいのビッグデータ(住環境データ・ライフスタイルデータ)を活用した「健康」「つながり」「学び」を軸にしたサービスを提供することで、居住者の幸福度を上げる取り組み。

 同サービスは、居住者がスマートフォンアプリから、住宅設備(エアコン、照明など)の操作、窓・玄関ドアの状態確認・異常状態や、熱中症のアラートの通知、家族の機器操作履歴の確認などができる。アプリ上で図面を表示し、一括で住戸内の状況を確認できるようにした。室内に設置したセンサーから得られるIoTのデータをパブリッククラウド上で蓄積することで実現する。

 サービス開始にあたり、住戸内でエッジシステムの設置による住戸内の情報セキュリティを強化。近年増えているサイバー攻撃を防ぐ。(一社)重要生活機器連携セキュリティ協議会のガイドラインに準拠し、業界で初めて、スマートホーム分野におけるサーティフィケーションマーク★★を取得している。今後は、第三者が玄関を遠隔解除する場合の安全確保にも対応。同マーク★★★を取得し、急性疾患早期対応ネットワーク「HED-Net」の提供も開始する予定。

 初期費用は50万~80万円。月額利用料金は2,200円。関東・関西地区の新築戸建住宅からサービス提供を開始。12月より全国に拡大していく方針。初年度は2,400棟での販売を目指す。

「PLATFORM HOUSE touch」アプリのイメージ

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

コネクティッドホーム

家電製品、空調設備、照明、防犯設備などがIoT(Internet of Things、モノに関する情報をネットワーク化し制御可能にする技術)によって統合的に接続され、モバイル端末等でそれらを制御できる仕組みを備えた住宅。英語のconnected home。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。