不動産ニュース / その他

2021/8/25

皇居の水草を堆肥化し野菜栽培/三菱地所G

資源循環イメージ図

 三菱地所(株)は、サステナビリティ推進活動として行なっている「大地への恩返しプロジェクト」で、都市と地方をつなぐ資源循環の仕組みを構築。その一環で栽培された“サステナブルな野菜”を用いたスープの提供を、25日より一部のロイヤルパークホテルズで開始した。

 同社は、大丸有のまちづくりの中で、皇居の景観、自然、歴史・風格を重要な要素と捉え、環境省らと連携し、皇居外苑濠水の浄化を手掛けてきた。その延長として生物多様性の保全にも力を入れるようになり、2017年より「濠プロジェクト」として取り組みを開始。グループ社員や大手町エリアのワーカーらと共に、濠の中の水草、水生生物の保全に努めている。この活動の中で、夏場を中心に「ヒシ(菱)」という水草が大量発生し、毎年、環境省が除去していることを知り、協力を検討。19年に開始した「大地への恩返しプロジェクト」と連動させ、刈り取ったヒシを堆肥化し、山梨県での野菜の栽培に活用する取り組みを開始した。

 栽培された野菜は買い取った上で、同社本社カフェテリアやロイヤルパークホテルズにおいて食材として活用することで、都市と地方をつなぐ資源循環の仕組みを構築している。今回提供するのは、ヒシを含む堆肥で栽培された玉ねぎを用いたオニオンスープ(1トン・1万2,000食)と、生分解性樹脂の堆肥化プロジェクト(下記)の過程で栽培されたトウモロコシを用いたコーンスープ(5,000本・1万5,000食)。一部ホテルではマルシェでの販売も実施する。

 また、ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツは、8月より運営する一部ホテルの飲食店舗等で使用するストローを三菱ケミカル(株)が開発した生分解性樹脂(土中の微生物により水と二酸化炭素に分解される素材)の製品に切り替え、三菱ケミカルの生分解性樹脂の堆肥化プロジェクトに参加。三菱地所グループは同プロジェクトで栽培された野菜を買い取り、ロイヤルパークホテルズが食材として利用し提供することで、新たな資源循環の仕組みも構築する。

 25日会見した同社サステナビリティ推進部長の槫林(くればやし)康治氏は、「社会課題の解決は当社単独では難しいが、さまざまなパートナーとエコシステムをつくっていくことで、貢献していきたい」などと話した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。