不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/9/6

引っ越したいと思った瞬間、トップは「人生の節目」

 (株)リクルートは1日、「引っ越ししたいと思った瞬間ランキングー引っ越し調査2021ー」の結果を公表した。
 直近1年以内に引っ越し会社を利用して転居し、かつ「引っ越し先の物件選び・荷造り・引っ越し会社への見積依頼・引っ越し会社の決定」のすべてに関与した18~69歳の男女を対象にアンケートを実施。期間は21年3月10~12日。有効回答数は3,133件。

 引っ越ししたいと思った瞬間は、「入学・入社・転職などのライフイベントの節目」が31.2%でトップに。回答者からは、「娘が他県の中学に入学。県をまたいでの長時間の電車通学はコロナの感染リスクが高くなるため、学校の近くに引っ越し」、「コロナの影響で、転職するために引っ越した。郊外の方が広い家で暮らせるし、転職も上手くいって良かった」などのコメントが挙がり、コロナ禍で価値観や生活スタイルが変化していることが伺えた。

 次いで、「住んでいる家に不具合が起こったとき」(25.0%)、「隣人が苦手な人だったとき」(17.0%)、「給料が下がったとき・上がったとき」(13.2%)となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。