不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2021/9/22

グループの賃貸住宅管理事業を再編/大和ハ

 大和ハウスグループは22日、大和リビングマネジメント(株)と大和リビング(株)の経営統合を発表した。

 同グループは、賃貸住宅領域において、1989年に大和リビングを設立。主に、大和ハウス工業(株)が施工する賃貸住宅の管理・運営を担ってきた。2012年には業容拡大を受け、大和リビングマネジメントを設立。マスターリース・サブリース事業の移管による機能分担の明確化を図るとともに、大和リビングマネジメントを完全親会社、大和リビングを完全子会社とする組織体制の刷新を行なった。
 今回、意思決定の迅速化とワンストップ体制によるステークホルダーの利便性向上を目指し、両社の経営を統合することとした。

 大和リビングを存続会社とする吸収合併。合併の効力発生は22年1月1日。代表者は、両社の代表取締役社長である匝瑳(そうさ)繁夫氏が継続する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?