不動産ニュース / 開発・分譲

2021/10/11

柏の葉でEVへの走行中給電の実証実験/三井不

走行中ワイヤレス給電の実証実験の様子

 三井不動産(株)は8日、柏の葉スマートシティ内に2021年6月15日にオープンした屋外ロボット開発検証拠「KOIL MOBILITY FIELD」(千葉県柏市)で、電気自動車(EV)への走行中ワイヤレス給電の実証実験に成功したと発表した。

 東京大学大学院新領域創成科学研究科/藤本・清水研究室との連携によるもので、走行中ワイヤレス給電の実証実験は民間の開発フィールドでは初の取り組みとなる。東京大学は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)未来社会創造事業の研究プロジェクト「電気自動車への走行中直接給電が拓く未来社会」を推進しており、21年6月より本格研究に移行した。同プロジェクトでは、走行・停車中に路面から給電することで、より少ないバッテリー搭載量でEVの航続距離を確保可能にする技術開発を行なっている。これにより、バッテリーの供給不足に対応すると共にEVの軽量化が可能となり、バッテリー製造および走行によって排出されるCO2の大幅な削減も可能となる。

 10月より三井不動産が協力研究機関から共同研究機関となり、さらに連携を強化。同フィールドを有効に活用することで走行中給電の早期実用化を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。