不動産ニュース / 開発・分譲

2021/10/11

ジャカルタでロフト付きアパート第2号を竣工

「桜テラス第2号」外観イメージ

 (株)シノケングループは11日、同社のインドネシア現地法人PT. Shinoken Development Indonesia(SKDI)が、首都ジャカルタの中心部でサービスアパートメント「桜テラス第2号」(総戸数60戸)を10月に竣工、年内にグランドオープンすると発表した。

 「桜テラス」は、シノケンが日本国内で展開するアパートメントシリーズ「ハーモニーテラス」をインドネシア向けにローカライズし、用地取得から入居・運営までを提供する。

 今回の「第2号」は2019年に竣工した「第1号」に続く2棟目で、ジャカルタの中心部に立地。最寄り駅までは徒歩約10分で、現在計画中のLRT(軽量軌道交通)が開通すれば新駅からもアクセスが可能となる。敷地面積は約512平方メートル、鉄筋コンクリート造地上4階地下1階建て。住戸はロフト付きワンルーム。マンスリー・デイリー両面で利用できる家具家電付きの物件として、1泊の出張利用から長期ステイまで幅広い顧客をターゲットとしていく。

 22年には第3号が竣工する予定。今後は、より規模の大きい物件の開発も視野に入れ、海外事業をさらに成長させていきたい考え。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。