不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/10/11

21年度のビル管理市場は4兆2,724億円と予測

 (株)矢野経済研究所は11日、ビル管理市場に関する調査結果を発表した。7~9月にかけて全国の有力ビル管理事業者を対象に、直接面談、電話アンケート、文献調査を併用して調査した。

 2020年度の国内ビル管理市場規模(元請金額ベース)は、4兆2,337億円(前年度比1.0%減)の見込み。宿泊施設、商業施設関連の稼働状況の低下が、縮小の要因と見られる。

 建物使途別推計では、住宅が約1,536億円(建物使途別シェア3.6%、同1.4%増)、非住宅が約4兆801億円(同96.4%、同1.1%減)。非住宅の内訳は、最もシェアが高いのが事務所ビルで約9,194億円(同21.7%、同1.5%減)と、ビル管理市場のおよそ5分の1を占めた。次いで、店舗・商業施設約7,722億円(同18.2%、同1.4%減)、医療・福祉施設約4,241億円(同10.0%、同0.1%増)、学校施設約4,119億円(同9.7%、同2.9%減)、工場・作業所約4,010億円(同9.5%、同2.0%減)となった。

 21年度の国内ビル管理市場規模は、前年度比0.9%増の4兆2,724億円と予測。コロナ禍の先行き不透明感が残り、宿泊施設や商業施設では人流抑制による稼働状況の停滞が当面の懸念材料となる、と分析している。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。